fur fur展示会 "洋服上等!!"なコレクションピース披露

画像: Fashionsnap.com

 「fur fur(ファーファー)」が2011年秋コレクションの展示会を開催した。会場では最新コレクションとともにランウェイショーで発表予定だった"スケバン"や"ヤンキー"にインスパイアされたコレクションピースを披露。同ブランドは、3月24日に予定していたランウェイショーを東日本大震災発生を理由に中止している。

 これまで森ガールの象徴と言われてきた「fur fur」だが、着こなし提案やショーの見せ方、在り方を見直し新しい「fur fur」としてのクリエイションを先シーズンから発表している。2011年秋冬のランウェイショーでは、80年代のやパンクの要素を取り入れた"「fur fur」らしさを裏切る"ような演出を企画。展示会では長めのプリーツスカートや、キットカットや付箋が張り付いたジャケット、スカジャン、バイカラーのつなぎなどパンチの効いたショーピースがずらりと並んだ。加賀美健氏とのアートワークによる「洋服上等!!」の文字となめネコが描かれたインビテーションや、学校机をはじめとした小道具など、創り込まれた世界観を展示した。

 「ショーはやろうと思えばできたかもしれない」と語るチダ氏は、「『fur fur』にとってランウェイショーは空気感を伝えるもの。震災直後はショップの閉鎖が続き、東京自体も不安定な状況が続いた。その中で、その空気感を完璧に作り上げる事は難しかったし、今伝えるべきではないと思った。これまで通りショップを開けて展示会を開催するという当たり前にビジネスをしていくことが今できることだと考えている」と明かし、「次回楽しみにしていてください」と笑顔を見せた。

 「fur fur」の2011年秋コレクションは、アーティストの加賀美健(かがみ けん)氏とのコラボレーションしたアイテムが多数ラインナップ。加賀美氏のアートワークを盛り込んだTシャツやカットソー、総柄プリントのスニーカーを中心に展開する。

■fur fur最新コレクション
 URL:http://www.fashionsnap.com/collection/fur-fur/lookbook/