KENZO新クリエイティブディレクターにオープニングセレモニー創設者就任

 LVMHが7月12日、「KENZO(ケンゾー)」のクリエイティブディレクターにHumberto Leon(ウンベルト・リオン)とCarol Lim(キャロル・リム )を任命したことを発表した。Humberto LeonとCarol Limは、米セレクトショップ「OPENING CEREMONY(オープニングセレモニー)」の創設者。Antonio Marras(アントニオ・マラス)は就任から8年でブランドを去ることとなる。

 1970年にデザイナー高田賢三が創設した「KENZO」は、1993年にLVMHの傘下となり、2000年春夏コレクションを発表後に高田健三が退任。クリエイティブディレクターにウィメンズはGilles Rosier(ジル・ロズィエ)、メンズはRoy Krejberg(ロイ・クライスベルグ)が就任した。2004年にはAntonio Marras(アントニオ・マラス)が同ポストに就任し、以降8年に渡ってブランドのクリエイションを支えてきた。

 2011年7月より「KENZO」の新クリエイティブディレクターに就任したHumberto LeonとCarol Limは、「高田賢三(Kenzo Takada)は、大胆かつ新しいファッションのアイデアとともに東京からパリに来て、色彩とエネルギーに満ちた国際的ブランドを創立しました。私たちにとって偉大なインスピレーションの源である『KENZO』を、私たちの世代や、その意識へと受け継いでいけることにとてもわくわくしています。」とコメント。LVMHの会長兼ファッション部門のCEOPierre-Yves Rousselは、「2人の持つフレッシュで創造的な才能と革新的なアプローチが、『KENZO』をより象徴的なブランドへと生まれ変わらせることとなるでしょう。」と話し彼らの感性に信頼を寄せている。

 Humberto LeonとCarol Limは、2002年に「OPENING CEREMONY」をスタート。"新しいショッピング体験"をコンセプトに、シーズン毎にユニークなテーマを掲げ、オリジナルアイテムとセレクトブランドを含めハイセンスな商品を展開している。ニューヨークやロサンゼルスの他、日本にも2009年8月に出店。2011年には香港と北京にポップアップショップをオープンしている。