アディダス オリジナルス2012年春夏はデニムが本格化、初のハイヒールも

adidas Originals デニムコレクション
adidas Originals デニムコレクション
画像: Fashionsnap.com

 「adidas Originals(アディダス オリジナルス)」が、メンズ・ウィメンズの2012年春夏コレクションを発表した。デニムラインの展開を拡大し、ウィメンズからは初のヒールシューズが登場。「トレフォイル」と呼ばれる三つ葉ロゴの誕生40周年を記念し、ヘリテージが息づくカジュアルウェアを幅広く提案する。2012年1月より順次展開予定。

 「adidas Originals」ブルーコレクションの新作では、「トレフォイル」の歴史とクリーンなカラーストーリーにのせ、より洗練された日常着をテーマにファッショナブルなアイテムをラインナップ。メンズではアイビーやアウトドアウェアからインスパイアされたクラシックウェア、ウィメンズではロックなガーリーテイストのアイテムが登場する。

 2011年春夏シーズンに始動した自社製のデニムコレクションは、メンズ・ウィメンズ共に展開アイテムを拡大。旧式織機のセルビッジジーンズを縫製から加工まで岡山の職人に依頼し、3本線のステッチやレザーパッチ、「トレフォイル」が隠れたバックスタイルなどこだわりが詰まっている。3シーズン目の2012年春夏コレクションでは、フィットのバリエーションやショーツタイプ、レギンス感覚のストレッチデニムなど豊富に揃えて本格的に展開する。

 シューズでは、1970年に発売された名作「ROD LAVER(ロッド・レーバー)」の復刻モデルや、「ZX」シリーズのディテールが施されたウィメンズ向けのハイヒールが初登場。さらに、ロンドンオリッピックの開催を記念したユニオン・ジャックカラーや金・銀色のアイテム、Jeremy Scott(ジェレミー スコット)やDavid Beckham(デビッド・ベッカム)とのコラボアイテムなど話題の新作も販売が予定されている。