Fashion News

DEVILOCKにピリオドを打ったプロデューサー遠藤憲昭が自伝を出版

2012年01月30日 22:45 JST

 2011年11月11日をもって解散したストリートファッションブランド「DEVILOCK(デビロック)」のディレクター遠藤憲昭氏が、初の自伝「THE STORY 遠藤憲昭 自伝~DEVILOCK ストリートから伝説へ~」を発売する。遠藤氏によるブランド15年の歴史や「灼熱のメッセージ」が詰まっているという渾身の一冊。通常版と特典付きの初版限定セットは、ぴあから2月25日に発売が予定されている。

DEVILOCK NIGHT THE FINAL

Our Sponsor

 1996年11月11日に創立した「DEVILOCK」は、ロック音楽とファッションをクロスオーバーし、裏原をはじめとするストリートカルチャーに刺激を与え続けてきたが、15周年を迎えた2011年11月11日に解散。ブランドのプロデューサーであり、音楽イベント「DEVILOCK NIGHT」の主宰、またプロレス興行のプロデュースを行うなど、ファッション界の枠に留まらないカルチャーを生み出してきた。「DEVILOCK」の歴史に終止符を打った遠藤氏による初の自伝「THE STORY 遠藤憲昭 自伝~DEVILOCK ストリートから伝説へ~」では、アメリカの単身生活や、アルバイトから会社社長への躍進、仲間との出会いと別れ、結婚と離婚、事件、ブランドの終焉、そして再スタートまで、赤裸々な思いが綴られる。

 40歳という節目に「DEVILOCK」に終止符を打った遠藤氏は、現在の心境を「1つの区切りを付けたと認識しているので、今は新しい場所へと向かう気持ちが強い」とし、自伝を通じて「自分自身と向き合う生き方や、努力と経験は絶対に無駄にはならない事などを感じ取って頂ければ」と語っている。夢を掴み、そして挫折を味わった遠藤氏が、本当の成功の意味を問いかけた一冊。野心と野望に満ちた、全ての若者に送るエールとなっている。販売価格は1,500円。なお、オリジナルバッグ付きの初版限定セットは3,000円で、2月25日〜26日に「幕張メッセ」で開催される「DEVILOCK NIGHT THE FINAL」の会場と、ぴあBOOK SHOP、ZOZOTOWNのみで販売が予定されている。

Amazon ロゴ