Fashion News

ユニクロがアメリカ西海岸へ 2012年秋サンフランシスコに初出店

2012年04月11日 09:15 JST

 ファーストリテイリング グループのユニクロが、アメリカ西海岸に初進出する。2012年秋を目処に、カリフォルニア州サンフランシスコ市内に路面店を出店予定。500坪超の大型店が計画されている。

2011年10月にオープンした「ニューヨーク 5番街店」
画像: UNIQLO
Our Sponsor

 ユニクロのアメリカ西海岸1号店は、サンフランシスコの中心部、ダウンタウンにあるユニオンスクエア広場の周辺エリアで、パウエル・ストリート沿いに計画(111 Powell Street, San Francisco, CA, USA)。契約面積は820坪で、ブランドショップやデパート、ホテルが立ち並ぶ商業エリアに位置する。オープンは2012年秋の計画で進行中。

 ユニクロの米国初進出は2005年、ニュージャージー州に3店舗を出店し、2006年にはニューヨーク・ソーホーにグローバル旗艦店をオープンした。その後2011年には、10月に約1400坪の「ユニクロ ニューヨーク 5番街店」と約1300坪の「ユニクロ ニューヨーク 34丁目店」を出店。2週連続の大型オープンは話題を集め、米国におけるユニクロブランドの知名度を向上させた。

 ユニクロ代表取締役会長兼社長の柳井正氏は、「西海岸初のユニクロを、サンフランシスコに出店できることを大変嬉しく思います。革新的で多様性に富んだサンフランシスコのお客様にも、ユニクロの服を着ていただけるよう、美しい街並みにふさわしい最高レベルの店舗ときめ細かなサービスを実現いたします。そして、米国西海岸でユニクロブームを巻き起こしたいと思っています。」とコメントしている。