モンクレールに新コラボライン「R」、「V」は終了

MONCLER R
MONCLER R
画像: Fashionsnap.com

 「MONCLER(モンクレール)」が、ロンドンのデザイナーChristopher Raeburn(クリストファー・レイバーン)による新ライン「MONCLER R(モンクレール R)」を国内で初披露した。2012-13年秋冬シーズンよりデビュー。2010-11年秋冬シーズンにスタートした「VISVIM(ビズビム)」のデザイナー中村ヒロキによる「MONCLER V(モンクレール V)」は2シーズンで終了となった。

 デザイナーChristopher Raeburnは、2006年にRoyal College of Artを卒業。2008年より自身の名を冠したブランド「Christopher Raeburn」をスタートした。軍服の生地をリメイクしたウェアコレクションを発表しており、2011年には「Victorinox(ビクトリノックス)」とカプセルコレクションを発表。これまでに、British Fashion Awardなどの賞を受賞している。
 
 Christopher Raeburnによる「MONCLER R」のファーストコレクションは、アウターや、ボトムス、アクセサリーなどを展開。自身のブランドの特長でもあるミリタリーの要素を落とし込み、オリーブグリーンなどミリタリーカラーで統一されている。裏地にはスカイブルーの生地を使用し、アクセントを加えた。主力のアウターはボリューム感のあるダウンジャケットや、バイカラーのダッフルコートなど豊富に揃える。

 デザイナーを迎えたコラボラインとしては「sacai(サカイ)」のデザイナー阿部 千登勢が手掛ける「MONCLER S(モンクレール エス)」を、2010年の春夏シーズンより継続して展開している。