Fashion News

フランス発のフットウェアブランド「PALLADIUM(パラディウム)」が国内展開へ

2012年07月10日 19:45 JST

 国内最大級のスポーツメーカーSSK(エスエスケイ)が7月10日、フランス発のフットウェアブランド「PALLADIUM(パラディウム)」の取り扱いスタートを発表した。アーティストPharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)とNIGO®が2005年に立ち上げたブランド「Billionaire Boys Club(ビリオネアボーイズクラブ)」とコラボレーションした限定シューズ「Palladium by Billionaire Boys Club」の発売を皮切りに、2013年春夏シーズンより国内で販売を開始する。

限定シューズ「Palladium by Billionaire Boys Club」
限定シューズ「Palladium by Billionaire Boys Club」
画像: Fashionsnap.com
Our Sponsor

 1920年フランスで創業した「PALLADIUM」は、航空業界向けにタイヤを製造して成功を収めたことからラバーブーツの製造、シューズブランドとしての歴史をスタート。18〜36歳の男女をターゲットに、都市の廃墟で履くシューズという着用シーンをイメージして、ファッション性と機能性を持ったブーツを製造している。

 日本での「PALLADIUM」の取り扱いは、「hummel(ヒュンメル)」や「WOLVERINE(ウルヴァリン)」などのスポーツブランドを全国約3300の販売店に供給するSSKが総代理店を務める。創業当時より全く変わらないオリジナルの形を60年以上受け継いだ定番モデル「Pampa Hi(パンパ ハイ)」シリーズを主軸に、ベロや足入れ部分を折り返して履く「Baggy(バギー)」シリーズや、ディップダイ加工が施された「Blanc(ブランク)」シリーズなど、平均価格9,000円前後でシューズを販売。販売開始は2013年2月で、初年度は全国の百貨店やシューズ専門店、セレクトショップ、ECサイトなど約200のショップで取り扱われる予定。直営店の出店について「なるべく早い段階で出店したい」(SSK常務取締役の伊藤氏)としているが、当面は2013年度に2万4千足、2014年度に3万足、2015年度に5万足という販売数をクリアすることが先決だという。

 今回の本格展開に合わせ2013年春夏コレクションの立ち上がりを前に、2012年秋冬コレクションの限定アイテムとして「Palladium by Billionaire Boys Club」を10月中旬に発売する予定。「PALLADIUM」を代表する「Pampa Hi」シリーズに、グラフィカルなカモフラージュパターンで「Billionaire Boys Club」の世界観を表現した特別仕様のデザインに仕上がっており価格は21,945円〜24,990円(税込)。また、アメリカのデザイナーRichard Chai(リチャード・チャイ)とコラボレーションしたカプセルコレクションも10月中旬より販売される予定だ。

Amazon ロゴ