巨大パンプキン出現 LOUIS VUITTON×草間彌生 第2弾は銀座で先行販売

「モノグラム・パンプキン ドット」の製品
「モノグラム・パンプキン ドット」の製品
画像: ©LOUIS VUITTON

 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」と芸術家草間彌生のコラボコレクション「ルイ・ヴィトン ヤヨイ・クサマ コレクション」の第2弾が、9月14日より全国で発売される。「LOUIS VUITTON」を象徴するモノグラム・キャンバスをベースに、草間彌生の代表的なモチーフを融合したコレクション。全国展開に先駆けて9月1日にルイ・ヴィトン 松屋銀座店で先行発売が予定されており、店内には高さ2mの巨大パンプキン「南瓜」が出現する。

 「ルイ・ヴィトン ヤヨイ・クサマ コレクション」第2弾は、水玉で構成される「ウェーブ」「パンプキン ドット」「タウン」のモチーフを使用した3つのラインで展開予定。「キーポル」「スピーディ」「パピヨン」「ネヴァーフル」といったタイムレスなデザインで世界から愛されているモノグラム・キャンバスのバッグをはじめ、財布やポーチ、手帳などにそれぞれのモチーフが施される。カラーはブルーやブロン、ルージュ、ヴェール、ジョーヌなど多彩。価格は、モノグラム・ウェーブ ラインの「ネヴァーフル」で¥124,950(税込)、モノグラム・パンプキン ドット ラインの「パピヨン」で¥139,650(税込)、ジッピー・ウォレットで¥87,150(税込)など。松屋銀座店に出現する巨大オブジェ「南瓜」は、第2弾コレクションのインスピレーションの1つで、水玉と同様に有名なパンプキンのモチーフにちなんで登場する。作品の展示は、9月23日までが予定されている。

 「LOUIS VUITTON」のアーティスティック・ディレクターMarc Jacobs(マーク・ジェイコブス)と芸術家草間彌生による「ルイ・ヴィトン ヤヨイ・クサマ コレクション」第1弾は、7月に発売。コラボレーションを記念して、ニューヨークのルイ・ヴィトン5番街メゾンの外観が草間彌生の代表的なモチーフで覆われた他、世界の主要都市に期間限定のコンセプトストアがオープン。国内では伊勢丹新宿店や、「DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS(ドーバーストリートマーケット ギンザ・コム デ ギャルソン)」にスペースが設けられ、注目を集めた。