Fashion News

原宿のファッションビル「b6 神宮前」営業6年で閉館へ

2012年09月03日 22:30 JST

 東京・原宿の明治通り沿いに建つファッションビル「b6 JINGUMAE(b6 神宮前)」が、9月30日をもって閉館する。2006年秋に開業し、現在は「Columbia(コロンビア)」をはじめ約25のショップや飲食店、レンタルスペースの「b6 STUDIO(ビーロクスタジオ)」などが出店しているが、空きテナントも目立っていた。

b6 JINGUMAEのエントランス
b6 JINGUMAEのエントランス
画像: Fashionsnap.com
Our Sponsor

 四角い箱を重ねたような外観が特徴の「b6 JINGUMAE」は、ウィメンズ・メンズファッションや雑貨、カフェレストラン、ビューティー、リラクゼーションなどをそろえ、散歩感覚で買い物を楽しめるように開放的な雰囲気をもった神宮前6丁目の商業施設。一級建築士の西森陸雄氏が設計を担当した。「mercibeaucoup,(メルシーボークー、)原宿店」(7月29日をもって閉店)など原宿で人気のブランドから個人のセレクトショップまで幅広いジャンルの店舗が並んでいたが、現在は9月30日まで閉店セールが行われている。

 「b6 JINGUMAE」は2006年のオープンにあたり、エルカクエイ(現:ジョイント・レジデンシャル不動産)の特別目的会社であるマーズ・キャピタル・パートナーズが投資をしており、同年10月末にはジョイント・リート(現:積水ハウス・SI)が33%の資産を取得。しかし当初の想定よりも売上が下回ったことから、2007年にマーズ・キャピタル・パートナーズへ売り戻した。なお、マーズ・キャピタル・パートナーズは2011年2月をもって解散している。

Amazon ロゴ