世界初の液体レンズメガネ「アドレンズ」とコラボ ANREALAGEが制服や空間をデザイン

AA プロジェクトのヴィジュアル
AA プロジェクトのヴィジュアル
画像: ANREALAGE

 「ANREALAGE(アンリアレイジ)」が、度数を自由に調節可能できるメガネ「adlens p.o.v.(アドレンズ ピーオーヴィー)」を展開するアドレンズ・ジャパン株式会社とコラボレーションし「AA(ダブルエー)プロジェクト」を始動する。「ANREALAGE」がユニフォームや空間演出、ヴィジュアルなど、「adlens p.o.v.」の世界観を創造。2012年9月11日より開催されるファッションとデザインの国際合同展示会「rooms25」で、近未来的なメガネとファッションによる新しいビジネスモデルを初公開する。

 「AA(ダブルエー)プロジェクト」は、「ANREALAGE」ブランドとのコラボレーションで生まれる「見えないことが見えてくる」デザインと 、"ミエル ヲ カエル"次世代型メガネで"ミライ ガ カワル"という瞬間を演出。「rooms25」では、自分で度数を調節できるメガネとレンズ・フレームスタイルと、「ANREALAGE」によるデザインを融合させたファッションを展開。Tシャツやタイツ、シャツ、ジャケット、パンツなど幅広いアイテムを揃える。同時に、眼鏡をかける前の景色と眼鏡をかけた後の景色を共存させたユニフォームを公開。近視のぼやけた風景柄に、「adlens p.o.v.」を象徴する円形レンズの眼鏡窓を重ね、レンズ越しの景色はピントが合うように柄を製作している。この他、ヴィジュアルや空間演出を通じて、アパレル業界における革新的なビジネススタイルを提案する。

 英国アドレンズ社の日本本社アドレンズ・ジャパンは、"ミエル ヲ カエル、ミライ ガ カワル"をテーマに、2011年12月に世界初の液体レンズテクノロジーで度数が調節可能な次世代メガネ「アドレンズ p.o.v.」を発売。ファッションに敏感な若者を主なターゲットに5色のフレームを展開しており、12月上旬にはより様々なファッションスタイルにコーディネートしやすい3色のフレームのリリースが予定されている。デザイナーの森永邦彦はアドレンズ・ジャパンとの取り組みについて、「当たり前であることに疑問を投げかけ、絶対とされてきたことの問い直しを行う企業姿勢に共感を得ました。眼鏡において 度数調節が可能だということは、眼鏡史における革命であると思う」とコメントしている。