最もタータンチェックを広めた企業は「伊勢丹」世界初の受賞

伊勢丹の紙袋 写真左)マクミラン・アンシェント 右)ブラックウォッチ
伊勢丹の紙袋 写真左)マクミラン・アンシェント 右)ブラックウォッチ
画像: 三越伊勢丹

 三越伊勢丹が11月21日、スコットランド・タータン協会が主催する「タータン・アワード」のパッケージ部門で受賞した。長年にわたり日本において、タータンのプロモーションに貢献したことから選出。屋号の変化などでショッピングバッグにプリントされるロゴは時代によって変化を遂げてきたが、伊勢丹の2柄のショッピングバッグは約50年に渡って使用され続けている。

 「タータン・アワード」は、タータンのプローモーションに貢献したと認証した個人や組織に対して、感謝と今後のフレンドシップを高めるために贈られる、アワード。2013年のアワード設立に先駆けて、タータン大使として世界で活動するブライアン・ウィルトンウィルソン理事が来日することを記念して、他部門に先駆けBest use of tartan in packaging(パッケージ部門)で世界で初めて伊勢丹が受賞することが決定した。同社広報は、「とても光栄なことです。長い間ご愛顧頂いているからこそ得られた賞です」と話している。

 伊勢丹のショッピングバッグのタータン「マクミラン・アンシェント」は、伊勢丹新宿本店で昭和30年代に試験導入したティーンエイジヤー向けの売場で、「マクミラン・アンシェント」の柄のスカートが人気を博したことを機に、売場専用のショッピングバッグとして同柄のショッピングバッグを制作。その後このショッピングバッグが幅広い顧客の人気を集め、全店で使われるようになったという。また、紺色ベースの「ブラックウォッチ」のショッピングバッグは、昭和43年の男の新館オープン時に作成された。