Fashion News

東横線渋谷駅跡をユニクロUTがジャック 巨大限定ストア公開

2013年03月28日 12:40 JST

 ユニクロが東横線渋谷駅舎の跡地に3月28日から出店する「UT」期間限定ショップ「UT POP-UP! TYO(ユーティーポップアップ トーキョー)」が公開された。駅の雰囲気を残した約660平方メートルの敷地に、1,000種類以上、12,000枚のTシャツを展示・販売。オープンを前に説明会が行われ、トータルプロデュースを手がけたクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏(SAMURAI)らが、渋谷を皮切りに今後も世界各地にポップアップストアを出店していく計画を明らかにした。

線路上に展示ラックを設置
線路上に展示ラックを設置
画像: Fashionsnap.com
Our Sponsor

 「UT POP-UP! TYO」は、東急東横線渋谷駅跡地を活用した期間限定のイベントスペース「SHIBUYA ekiato(エキアト)」で一般利用として初開催される取り組み。広大な売場では、線路上にラックを設けTシャツを吊るした展示スペースや、ホームの黄色い線がむき出しになった通路など、「UT」の世界観と駅舎の異色の融合が実現している。また限定ショップのオープンに合わせて開発された動画カメラアプリ「UT CAMERA」の体験エリアも登場し、撮影・生成されたムービーは幅20メートルの壁面巨大モニターにマッピングされる予定。限定ショップは4月7日まで開催し、期間中は世界的な音楽アーティスト6組をデザインテーマにした「UT GRAND PRIX 2013」の大賞作品や「Star Wars(スター・ウォーズ)」とのコラボTシャツをはじめとする約100種類のアイテムが先行発売される。

 渋谷からスタートする「UT POP-UP! TYO」は世界各都市で開催を予定しており、説明会で佐藤氏は「今回、今しか使えない場所を会場にしたように、ロンドンやニューヨーク、パリでもその土地ならではの形式でやっていきたい」と今後の展開についてコメント。「Tシャツは楽しいものというイメージなので、店舗も楽しくなるよう」店頭や広告と連動し世界と共有できるカメラアプリを手がけたという。UT事業チームリーダーの松沼礼氏は「UT」について「世界のあらゆるカルチャーをTシャツにのせて日本から発信していくことを目指し、約10年で累計1億6,000万枚以上を販売してきた。今後は新しい価値も創出していき、ゲリラ的イベントの開催などを計画している」と話した。

■UT POP-UP! TYO
 場所:SHIBUYA ekiato(東急東横線渋谷駅跡地)
 日時:3月28日(木)15:00~21:00
    3月29日(金)~ 4月7日(日)12:00~21:00

 http://ut.uniqlo.com/

Amazon ロゴ