秋元梢が1日店長に X-girlがReebok CLASSICコラボモデル発売

1日店長を勤める秋元梢
1日店長を勤める秋元梢
画像: X-girl / Reebok CLASSIC

 「Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)」の人気モデル「GL6000」が、「X-girl」のカスタマイズカラーで登場する。これを記念して、8月23日にX-girl NAGOYAとX-girl store(CAT STREET)で秋元梢が1日店長に就任する。

 1980年代に「Reebok」からデビューした「GL 6000」は、クッション性と安定性を備えたダイナミック・クレイド・システムと呼ばれるオリジナルテクノロジーを搭載し、オーセンティックなフォルムやデザイン性の高さからスニーカーフリークをはじめとする多くのファンを獲得している。「X-girl」仕様で8月24日に発売される「GL6000」は、オリジナルモデルにも使われているスウェード素材をアッパーに取り入れて、夏をイメージしたネイビーとピンクを配色。ヒールの刺繍から映像作家・グラフィックデザイナーMike Mills(マイク・ミルズ)によるロゴプリントまで、こだわりを詰めたコラボレーションモデルとなっている。全国のX-girl STORES 14店舗とXLARGE®/X-girl STORES 15店舗で取り扱われ、価格は11,025円。

 秋元梢の1日店長イベントは、X-girl NAGOYAで8月23日12時〜14時、X-girl store(CAT STREET)で同日18時〜20時に開催。コラボモデル「GL 6000」の購入者を対象に、秋元店長との記念撮影やサインのプレゼントが予定されている。