着たままトイレも 人型寝袋フリース本格発売

人型寝袋フリース
人型寝袋フリース
画像: ビーズ

 ビーズが展開するアウトドアブランド「DOPPELGÄNGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガー アウトドア)」が、人型寝袋フリース「HUMANOID FLEECE」を1月下旬に本格発売する。人型にデザインされた着る毛布で、11月に行った試験販売が好評だったため本格販売を決めたという。現在東急ハンズ 名古屋店やAmazonなどのウェブストアで先行予約が行われている。

 「HUMANOID FLEECE」は、省エネ意識の高まりによる室内での節電、防寒対策のために作られた製品で、11月に行われた試験販売では3日間で完売。好評だったため、2014年1月下旬の本格発売を決めたという。トイレの際に脱ぐ必要のないデザインに作られており、表・裏、両面に毛足の長さが異なる起毛フリースを採用。人型にデザインすることで自由自在に動くことができ、洗濯機での丸洗いも可能だ。Sサイズ(HF1-174/175)、Mサイズ(HF1-176/177)、L サイズ(HF1-178/179 )の3サイズ展開で、価格は5,250円。

 「DOPPELGÄNGER OUTDOOR(R)」は、テントやスポーツグッズなど様々な「ソト遊び」に関する商品を展開するブランド。人型寝袋フリースに加え、人型にデザインされた動ける寝袋「ヒューマノイドスリーピングバッグ(R)」も販売している。