バートンがデザイナー相澤陽介を起用「BURTON THIRTEEN」発表へ

BURTON THIRTEEN
BURTON THIRTEEN
画像: BURTON

 「BURTON(バートン)」が、「White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)」のデザイナー相澤陽介を迎えた新コレクション「BURTON THIRTEEN」をスタートすることがわかった。コレクションは2月18日から開催される展示会で発表が予定されている。

 スノーボードギアとスノーボードライフスタイルに関連するプロダクトを展開している「BURTON」からスタートする「BURTON THIRTEEN」は、雪山と街の境界線を無くした新しいコレクションになるという。機能性や素材、ディテールを追求した全13点のプロダクトの発表が予定されている。

 デザイナーに起用された相澤陽介は、1977年に生まれ多摩美術大学を卒業後、コム デ ギャルソンを経て2006年に独立。「服を着るフィールドは全てアウトドア」をコンセプトに自身のブランド「White Mountaineering」を立ち上げ、現在はメンズ・ウィメンズコレクションを国内外で展開している。およそ3年前に自身のデザイン事務所サーティーンワークスを設立し、2013年にはMONCLER(モンクレール)と契約。メンズの限定コレクション「MONCLER W」のデザインを手がけるなど、活動の幅を広げている。