【動画】ナイキ、"リスク上等"のラストゲーム発表 名フットボール選手がアニメに

ラストゲーム イメージ
ラストゲーム イメージ
画像: ナイキ

 ナイキが、アニメーションムービー「ラストゲーム」を発表した。「科学者」と呼ぶ悪の黒幕からフットボールを救う使命を受けた、クリスティアーノ・ロナウドら世界屈指のフットボール選手たちが登場。プレイヤー対クローンの対決を通じて、「美しく、創造的で、リスクにあふれたフットボール」を伝える。

 無難なプレーに潜むリスクに着目した「ラストゲーム」は、2014年のフットボールキャンペーン「リスク上等」の第3弾フィルム。「科学者」は名プレイヤーがピッチで見せるプレースタイルを蔑視しており、ズラタン・イブラヒモビッチのオーバーヘッドキックは76%の確率で失敗する、といった研究結果をもとに、効率や決断力、結果のみを重視する「クローン」を作成するシーンからストーリーが始まる。分析結果に基づく「クローン」の機械的なプレースタイルに我慢できなくなったロナウドは、世界中に散らばったズラタンやネイマールJr.ら名プレイヤーたちを招集。フットボールゲームを美しく、大胆に楽しむことを伝える約5分間のムービーに仕上がっている。

 ナイキ チーフマーケティングオフィサーのダビデ・グラッソは、「自信を持ってリスクを取ることは、フットボールにおいて必要不可欠です。クリスティアーノ・ロナウドの華麗なプレー、ズラタンの身体をいっぱいに使った迫力に満ちたプレー、ネイマールの魔法のような技が見られない世界が想像できますか。ラストゲームの最後の90秒は、間違いなく、美しいフットボールこそがフットボールのあるべき姿であると証明するものになります 」と語る。「ラストゲーム」の制作はナイキとワイデン+ケネディ、パッション・ピクチャーズが担当した。

■特設サイト
 http://nike.com/joto

ラストゲーム