アンリアレイジがパリコレ公式参加へ レクレルールで展覧会も

追加情報:

【密着ライブレポート】「アンリアレイジ」パリコレデビューするまでの6日間

デザイナー森永邦彦
デザイナー森永邦彦
画像: Fashionsnap.com

 「ANREALAGE(アンリアレジ)」が、2015年春夏コレクションから発表拠点をパリに移す。パリ高級服飾組合 (La Chambre Syndicale de la Couture Parisienne / 通称 サンディカ)の正式登録を受け、1シーズン目からオンスケジュールで参加。パリのデビューショー開催と合わせて、セレクトショップ「L'ECLAIREUR(レクレルール)」で展覧会「A REAL UN REAL AGE」を行うことも決定しており、東京のコレクションシーンで最も注目を浴びるデザイナー森永邦彦がついに世界に向けた挑戦をスタートさせる。

 パリ・ファッションウィークにおいて、サンディカの承認を得て1シーズン目から参加するのは異例のこと。「ANREALAGE」のデビューショーは初日の2014年9月23日17時(予定時刻)に開催され、演出は国内のショーを手がけてきた金子繁孝、映像はRhizomatiksの真鍋大度が担当する。真鍋大度との初タッグに森永は「ファッションショーのオーソドックスなフォーマットはあるが、他分野のクリエイターと組み、今までにない形式で挑んでいこうと思っている」と意欲を見せる。また、ショーの開催前日からスタートする展覧会は、これまでのブランドの軌跡を辿る展覧会で国内でも渋谷パルコで開催され好評を得た。ショーと展覧会を同時に行うことで、「ANREALAGE」の一貫した服作りに対する信念を伝えるという。

 パリに拠点を移す決断をした理由を森永は「東京で発表を続けて10年が経ち、ここからさらに一歩踏み出し、先に進みたいと思った。洋服に携わる者としてパリの舞台は憧れの場所。海外の卸先が増えるなかで『海外で見たい』という声ももらえるようになり、ちゃんと見てもらう場所に持ってくことが必要だと思った。たとえ発表する場所が変わっても、媚びる事なく、変わらず自分たちらしい服づくりを貫きたい」と語る。ショーの開催に加えて、海外のセールスの基盤を固めるため、セールスはChristine Mazza(クリスティーヌ・マッザ)と、PRはPR CONSULTINGと契約を結び、ビジネスにおいても本腰を入れるという。

 森永はパリでの発表はしばらく継続していく考えで、「春夏、秋冬、と一つ一つの発表に全力をかけて、丁寧に、結果を積み重ねていこうと思う。時間はかかるかもしれないが、諦めることなく粘り強くやっていきたい。でも一方で、これまで発表し続けてきた『東京』はとても大事。今はまだ小さなブランドで海外に出て努力を積まないとならない身だが、パリで一つの形を築き、その"熱"を東京に持ってこれるような存在になりたい」と話している。

 

■ANREALAGE 2015 S/S COLLECTION SHOW:
 日時[現地時間]2014年9月23日(火)17:00 [日本時間]2014年9月24日(水)0:00
 場所: 会場調整中 PRESS CONTACT: Nathalie Ours(PR CONSULTING)

■EXHIBITION FOR BUYER
 日時: 2014年9月25日(木)~ 10月2日(木)
 場所: NO SEASON 8 bis rue de Braque, 75003 Paris
 SALES CONTACT: Chiristine Mazza(NO SEASON) Benjamin Mazza(NO SEASON)

■ANREALAGE EXHIBITION「A REAL UN REAL AGE」
 日時: 2014年9月22日(月)~ 10月2日(木)
 場所: L'Eclaireur, Rue de Sévigné(レクレルール・セヴィニエ店)
 レセプション: 2014年9月24日(水)19:00予定
 特別協力:パルコ 企画制作:亜洲中西屋