下着がみえる"透けスカート"はトレンドになるか?新進ブランド「PONTI」が提案

透けるスカート
透けるスカート
画像: PONTI

 2014年秋冬にスタートした平田信絵が手がけるウィメンズブランド「PONTI(ポンティ)」が2015年春夏コレクションを発表した。2シーズン目となる今回は、「MODERN CONFLICT」をテーマに透け感のある素材と布帛を組み合わせたアイテムなどを製作。透けるプリーツスカートも展開しており、ルックでは光と影を同居させたデザインを追求するため、インナーをみせたスタイリングを提案している。

 「PONTI」は、「TOGA」で生産、「AMERICAN RAG CIE(アメリカンラグ シー)」などで企画を担当していた平田信絵が立ち上げたブランドで、カットソーを中心に異素材を組み合わせ、ベーシックとリラックス、ミニマルを基軸にしたアイテムを提案。現在はユナイテッドアローズの新業態「EN ROUTE(アンルート)」や代々木上原にあるセレクトショップDELTAなどで取り扱われている。

 2015年春夏コレクションでは対立・矛盾をテーマに、異素材やテイストの異なるディティールを組み合わせたアイテムを製作。透け感のある素材を用いて光と影の同居を目指したというアイテムとして、光量の加減で印象が変わる透けるプリーツスカートを発表しており、ルックではインナーを見せたヴィジュアルに仕上げている。デザイナーの平田信絵は「陰影をより美しく見せるためスカートの下にペチコートなどを履かせないスタイリングにしましたが、着こなしは人それぞれなので自由にスタイリングして頂ければと思います」とコメント。既存の枠にとらわれないデザイン性を追求したスタイルが、今後市場で受容されるのか注目が集まる。