盛り上がるハロウィン 仮装が溢れる渋谷に警察出動

スクランブル交差点
スクランブル交差点
画像: Fashionsnap.com

 10月31日のハロウィンに伴い、東京・渋谷が盛り上がりを見せている。3連休前ということから、渋谷駅周辺エリアに仮装者が過去最大数で出現。スクランブル交差点には交通整理をするため警察が出動するなどハロウィンが一大イベントになったと実感するほどの騒ぎになっている。

 年々拡大を続けているというハロウィン市場。今年は金曜日ということもあり、夕方から深夜にかけて都内で多数のハロウィンイベントが企画された。外国人が多いため前年も多くの人で賑わった六本木エリアに加え、渋谷エリアでもファッションブランド主催のパーティーやクラブイベントなどに多くの人が参加。仮装が定着したこともあり、夕方から例年にも増して仮装姿の若者が現れ、ゾンビや血まみれのナースなどの定番コスチュームに加えて、「美少女戦士セーラームーン」などアニメキャラクターになりきる「キャラクターコスチューム(=キャラコス)」が多く見られた。

 21時頃にはTSUTAYA前を起点にセンター街や109に向かう通り沿いに人が溢れていたが、終電が迫る時刻には人波がスクランブル交差点に集中し、警察が交通整備に出動。「仮装していない人の方が気まずいです」と語る私服姿の男性や、Twitter上には「ハロウィンっていつからこんなにメジャーなイベントになったんだ?渋谷とかヤバすぎ」や「仮装した若者で溢れてる! 日本の10月31日って、こんなだったっけ???」という投稿が見られるなど、予想以上の盛り上がりに驚く人も多くいた。

 ハロウィンの盛り上がりは土曜早朝まで続くと予想される。10月に閣議決定されたクラブの朝までの営業を認める風俗営業法改正案を追い風に、今後はクラブ営業の定番イベントとしても熱を帯びそうだ。