アップルウォッチを伊勢丹やドーバーが販売 100万円超の高額帯も

14年9月のアップル ウォッチの発表会
14年9月のアップル ウォッチの発表会
画像: Fashionsnap.com

 アップルが、4月24日に日本や米国など全9ヵ国でアップル ウォッチ(Apple Watch)を発売する。4月10日から各国のApple直営店でアップル ウォッチの試着・予約をスタート。アップルストアに加えて、東京では伊勢丹新宿店やドーバーストリートマーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)でも販売される。

 アップルウォッチの販売は、4月24日に日本と米国他、オーストラリアとカナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、英国の9ヵ国でスタート。国内の展開価格はApple Watch Sportが42,800円から48,800円、Apple Watchが66,800円から132,800円、カスタムアロイのローズまたはイエローの18Kゴールドから作られたApple Watch Editionが1,280,000円(全て税別)からを予定している。

 4月10日からは取り扱い国のアップルストア他、パリのギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette)、東京の伊勢丹、そしてロンドンのセルフリッジ(Selfridges)にショップ・イン・ショップを出店し、試着ができるプレビューを実施。4月24日からは、百貨店に加え、東京のドーバーストリートマーケット ギンザ、パリのコレット(colette)、ロサンゼルスのマックスフィールド(Maxfield)そしてベルリンのザ・コーナー(The Corner)を含む世界主要都市のブティックで販売を開始する。

モデル クリスティー・ターリントンが着用してトレーニング実施中