「ナイキラボ×サカイ」国内初披露 スポーツウェアをsacai目線で再構築

NikeLab×sacai
NikeLab×sacai
画像: Fashionsnap.com

 「ナイキ(NIKE)」が3月24日、コラボコレクション「ナイキラボ×サカイ(NikeLab×sacai)」を東京・渋谷のイベントスペースCASA神宮前で初披露した。ロンドン、NYに続くプレビューの開催地となる東京では、女性の動きやシルエットを表現したというデジタルインスタレーションを設置。約1年前から構想をスタートさせたという「ナイキラボ×サカイ」のファーストコレクションは、25日に国内での発売をスタートする。

 「ナイキラボ×サカイ」は、「サカイ」のデザイナー阿部千登勢が「ナイキ」のアーカイブの中から選んだランニングやテニス、アメリカンフットボールの製品をベースに「ナイキ」の伝統的なスポーツウェアのシルエットを女性らしく現代的な視点から再構築した。コレクションを象徴するウィンドライナーには、今回のコレクションのために開発されたというメッシュ素材を熱圧着で仕立てたプリーツをバックにデザイン。また、胸元を深くカットし、レースを覗かせたTシャツや、厚さの異なる2種類のテックフリースとレースやメッシュ素材を掛け合わせたスウェットシャツやクルートップなど、「サカイ」のエッセンスが至る所に散りばめられている。また、「エア マックス 90」にはトロンプルイユの手法を用いて、ミッドソールにウェッジがあるかのような外観に仕立てられているという。国内での販売価格はウェアが12,500円〜40,000円、シューズは20,000円(税抜き)。

 開催に合わせてデザイナー阿部千登勢は「ロンドン、NYでのインベント、グローバルでのローンチが終わり、いよいよ東京でのローンチを迎えます。NIKEのイノベーションとsacaiのデザインを融合させたコレクションを皆さんに楽しんで頂ければと思います」とコメントを発表。「ナイキラボ×サカイ」は現在発表されている6月発売のサマーコレクション以降、2015年ウィンターコレクションまで製作されているといい、今後しばらくは両者のタッグは継続していくようだ。

NikeLab

■NikeLab×sacai 国内販売価格(全て税別)
NikeLab×sacai グラフィック タンク 12,500円 / NikeLab×sacai グラフィック TEE 15,000円 / NikeLab×sacaiスポーツスカート 25,000円 / NikeLab×sacai テックフリース ドレス 35,000円 / NikeLab×sacai テックフリース フルジップ フーディー 32,500円 / NikeLab×sacai テックフリース ロングスリーブ クルー 30,000円 / NikeLab×sacai テックフリース パンツ 20,000円 / NikeLab×sacai テックフリース ショートスリーブ クルー 30,000円 / NikeLab×sacai ウィンドランナー 40,000円 / NikeLab×sacai ウィンドランナー スカート 25,000円 / NikeLab×sacai エア マックス 90 20,000円