新定番はコム デ ギャルソン?紙袋ビニルトートが人気

COMME des GARÇON トートバッグ
COMME des GARÇON トートバッグ
画像: Fashionsnap.com

 「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇON)」のPVCトートバッグが売れている。「コム デ ギャルソン」の定番アイテムとして、2015年の年明けに発売。以降は、売り切れによる追加生産が数回にわたって続いているという。

 PVCトートバッグは「コム デ ギャルソン」のショッパーをモチーフにした紙袋をPVC(ポリ塩化ビニル)でカバーしたようなデザインで、内側には布張りがされているため強度は抜群。持ち手は短めだが肩にかけることもでき、使えば使うほど紙にシワが入り、くたっとした表情が生まれるのも特徴の一つ。価格は7,800円(税抜)で、10,000円以下という手頃さも人気を後押ししている。展開は「コム デ ギャルソン」を取り扱う直営店のみ。青山店やドーバー ストリート マーケット 銀座などといった都内の取り扱い店舗だけではなく、京都店などでも「入荷しては売り切れるという状況(販売員 談)」といい、ネットオークションでも販売価格よりも高い価格で取り引きされている。

 近年、モードブランドではイッセイミヤケ社の「バオ バオ イッセイ ミヤケ(BAO BAO ISSEY MIYAKE)」のバッグがヒットを続けているが、雨に強い「コム デ ギャルソン」のPVCトートバッグも梅雨を前に新定番として多く見かけそうだ。