上陸から2年、H&M傘下「ウィークデイ」心斎橋店が閉店

2013年のオープン当日の様子
2013年のオープン当日の様子
画像: Fashionsnap.com

 2013年に日本初上陸を果たしたH&M傘下の「ウィークデイ(WEEKDAY)」と「モンキ(MONKI)」の心斎橋店が、5月31日で閉店したことが明らかになった。先日、H&Mは2ブランドが入居するスペースに初のメンズ単独店をオープンさせることを発表していた。国内店舗が心斎橋店のみの「ウィークデイ」は、事実上日本での活動を休止する。

 スウェーデン発の「ウィークデイ」と「モンキ」は、2013年6月に日本上陸第1号店として心斎橋に店舗を出店。当時、同じ北欧企業の「フライング タイガー コペンハーゲン(Flying Tiger Copenhagen)」が首都圏に先駆け、大阪・アメリカ村に店舗を構え話題になった。その後「モンキ」は原宿の竹下通り幕張のイオンモールに出店し、現在国内2店舗を展開している。両ブランドともECサイトは国内未対応。

 ブランド担当者は取材に対し、閉店までの経緯を「常にカスタマーニーズを意識し、立地の見直しや、グループブランドとの入れ替わり、そして今回のようなリニューアルもその自然な流れの一部」と説明。また国内店舗がなくなったウィークデイについて「日本のマーケットをクローズするという意味ではない。日本の市場には強い可能性を感じており、いつか魅力的な立地が現れた際には検討をしていく」とし、各ブランドの今後の出店計画に関して「モンキは引き続き、ヨーロッパとアジアを中心に出店を続け、ウィークデイはヨーロッパを中心に出店を続ける」とコメントした。