ユニクロのポロシャツが仏誌「Capital」で最高評価獲得

画像: Fashionsnap.com

 仏「Capital」誌の特集において、ユニクロを含む6社のポロシャツの洗濯と着用による耐久性が検証され、ユニクロの「ドライカノコポロシャツ」が最高評価を獲得した。洗濯による素材の縮みと退色などをテストした結果、「低価格にもかかわらず高品質で最も価値のある商品」として同商品が選出された。

 1991年に創刊した「Capital」はフランス プリズマグループが出版している月刊誌で、ファッション、自動車、食品、金融などの商品・サービスのテスト、評価結果を発信している。今回行われたテストでは、ユニクロ、「ラコステ(LACOSTE)」、「ギャップ(Gap)」、「コス(COS)」、「ラルフローレン(Ralph Lauren)」、「ザ・クープルズ(The Kooples)」の計6ブランドのポロシャツの品質を調査。30度の水で洗濯し、素材の縮みと退色をみるテストと、汗と摩擦による退色、生地とボタンの耐久性調べたテストを、「縮み」「傷み」「汗への耐久性」「耐摩耗性」「ボタンの耐久性」の項目で評価した結果、総合でユニクロが最高点を獲得したという。テストの結果を受け、ファーストリテイリング グループ上席執行役員 商品本部長の中嶋修一は「私たちの商品が、品質と価格で高い評価をいただくというのはとても光栄なことです。(中略)私たちはこれからも、ユニクロらしい革新的なアイディアで、あらゆる方のあらゆるシーンで愛される、本当によい服を世界中のお客様にお届けいたします」とコメントしている。