アルマーニがタキシードを新解釈「イブニング カプセル」コレクション発売

ジョルジオ アルマーニ「イブニング カプセル」コレクション
ジョルジオ アルマーニ「イブニング カプセル」コレクション
画像: Giorgio Armani

 今年40周年を迎える「ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)」が、メンズウェアの「イブニング カプセル」コレクションを発表した。時代のトレンドを超越するエレガントな3型のタキシードなど、6月から直営店で販売される。

 「イブニング カプセル」コレクションは、ジョルジオ・アルマーニの40年にわたる美学の集大成として発表された。近年、タキシードへの関心が高まっていることを受け、新しいワードローブとなる3タイプを提案。サテンのディテールのクラシック、グログランのディテールのデガジェ(=フランス語で自由の意)、ベルベットのディテールのイノベーティブの3タイプは、いずれもタキシードを新たに解釈しコンテンポラリーに仕上がっている。その他、織柄コットンのスタンドカラーやボタンダウンのシャツ、さまざまなマイクロパターンのボウタイ、そして3スタイルのシューズを展開する。

 ジョルジオ・アルマーニは、「(3タイプのタキシードは)それぞれが際立った特色で独自のディテールを備えています。特に私が気に入っている点は、ミッドナイトブルーで表現しているということ。クラシックなブラックに代わるスタイリッシュなスタンダードタキシードです」とコメントしている。