パリの歓楽街から円山町へ?ピガール日本出店の噂

「ピガールパリ」のステファン・アシュプールPIGALLEを手がけるステファン・アシュプール(ANDAM受賞時)
PIGALLEを手がけるステファン・アシュプール(ANDAM受賞時)
画像: Masahiro Kubo

 フランス発のブランド「ピガール(PIGALLE)」が、渋谷区円山町に新店舗をオープンするという噂が浮上している。パリの歓楽街として知られているピガール地区で誕生したブランドが、東京の花街を代表する円山町に出店するとなれば、話題を集めそうだ。

 「ピガール」は、ステファン・アシュプール(Stephan Ashpool)が2009年にピガール地区に出店したセレクトショップを発祥とし、2011年春夏シーズンからオリジナルブランドとしてスタート。パリのエスプリやストリートなど独特なカルチャーを落とし込み、パリのメンズファッションウィークでは様々な形式でコレクションを発表している。今年はフランスで権威あるファッション賞「ANDAM Fashion Award(アンダム ファッション アワード)」のグランプリを受賞した。

 国内ではこれまで、表参道の商業施設「GYRE(ジャイル)」ユナイテッドアローズ原宿本店メンズ館などで限定店を出店し、アイコン的なボックスロゴのアイテムなどを販売してきた。同じ渋谷区でも円山町はラブホテル街として知られているが、人気のライブハウスやクラブ、バーなども点在している独特なエリアだ。店舗は今年の夏にオープンするようだが、詳細は明らかになっていない。