日本初 "デジタル×ファッション"の新メディア「DiFa(ディーファ)」が開設

画像: DiFa

 スパイスボックスが10月22日、日本初となる"デジタル×ファッション"に特化した新メディア「DiFa(ディーファ)」を立ち上げた。編集長はファッション・ デジタル・コミュニケーション・コンサルタントとしても活躍する市川渚が務める。

 「DiFa」ではファッション感度が高く、SNSを使いこなす20代女性たちを「デジタルファッショニスタ」と定義。彼女たちをターゲットとして、"デジタル×ファッション"の新しいカルチャーを創出し、新たな市場を作り出しすことを目指す。

 サイト上では"デジタル×ファッション"に関するニュース記事を提供する「DiFaメディア」に加え、ITジャーナリストの林信行やメディアクリエイターのハイロック、アーティストの草野絵美らデジタル×テクノロジーへの関心・感度が高い約30名の「DiFa メンバー」の情報(つぶやき)を集めた「DiFa Feed」を展開。「DiFa Feed」には「もっと詳しく知りたい」ボタンを設置し、一定の支持を得た内容を編集部が記事化するという"共創型メディア"の形式を取り入れている。

DiFa