ノームコアの次は「アスレジャー」?米国発の新トレンドは日本で浸透するか

 「アスレジャー」というキーワードがにわかに注目を集めだしている。米国女性を中心に広がっているスタイル「アスレジャー(Athletic-運動-とLeisure-余暇-を組み合わせた造語)」。オリンピックを控え余暇にスポーツを楽しむ人が増える中、次の新市場として大手企業が続々と動き出している。

 「アスレジャー」をいち早く日本で提案したのは、アパレル大手ジュン。「ナイキ」と共に「ナージー」をスタートし、オリンピックが開催される2020年までに25店舗の出店と約70億円の売上目標を掲げている。渋谷にオープンした旗艦店では「ナイキ」のスポーツウェアに加えて、カーディガンやデニム、オールインワンといったオリジナルコレクションを加えることで幅広い"アスレジャー"スタイルを提案。担当者は「(アスレジャーは)日本ではまだまだこれから。弊社では単に"スポーツウェアを街着として着る"といった表層上のファッション提案ではなくアスレジャースタイル、ひいては本物のスポーツウェアに触れることでお客さまの"DO SPORTS"の意識を高めることを目的としている」と話し、スタッフの育成や併設するジムを活用したサービスなどで、"アスレジャー"の浸透に注力している。

 一方、男性に向けてこのスタイルを仕掛けようとしているのが大手「ユニクロ」だ。近年、自転車で通勤するビジネスマンの増加に伴いスーツにスニーカーや、ダウンジャケット、リュックを合わせることが一般化してきたことを受け、ビジネスシーンへのアスレジャー需要の広がりを期待しているようだ。また、背景には今秋から男性向け「ジョガーパンツ」がヒットしていることも大きいという。主力商材として防風・防寒・軽量化を実現したシームレスダウンといった機能的なアイテムを打ち出しており、「『アスレジャー』という言葉をそのまま使ってはいないが、"スポーツをファッションに"という形でコミュニケーションをWEB、店頭スタイリングなど行っている」という。

 すでに米国では「アスレジャー」ブームから「ナイキ」をはじめ、ヨガウェアの「ルルレモン(lululemon)」、「スケッチャーズ(SKECHER)」などが好調な売り上げを記録しており、一大市場に成長しつつある。一部ではノームコアに続く新しいトレンドとしても注目されており、日本でも今後は様々な企業が参入しそうだ。