「ユニクロ アンド ルメール」初の春夏コレクション発表 初のシューズも

UNIQLO AND LEMAIRE
UNIQLO AND LEMAIRE
画像: Fashionsnap.com

 ユニクロが、フランスのブランド「ルメール(LEMAIRE)」とコラボレーションしたコレクション「UNIQLO AND LEMAIRE」を2016年春夏コレクションを発表した。今シーズンはメンズ、ウィメンズともに30型前後とアイテム数を増やし、初のシューズも展開される。コレクションの全貌は1月下旬にスペシャルサイトで公開される予定。

 2016年春夏コレクションは、「毎日のスタイリングに自由な発想で着回しができる理想的なワードローブ」を提案。「フランスの夏の休暇」をテーマに、カラーパレットにはジンジャーやマホガニー、ハニー、ブルーグリーン、アッシュグレーといった太陽にさらされて褪せたような中間色を取り入れている。シャンブレー生地やコットン素材のセットアップをメインスタイルに、ボーダーシャツやニット、ワイドパンツ、ワンピースなど幅広いアイテムをラインナップ。ウィメンズではスーピマコットンを使ったポロシャツや、秋冬シーズンに人気を得たエクストラファインメリノのニットトップスも揃う。また、スポーツウェアからインスパイアされた素材使いも特徴で、防水機能を備えたアウターも登場する。

 「UNIQLO AND LEMAIRE」初となるシューズはスリッポンタイプのスニーカーで、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)とサラ-リン・トラン(Sarah-Linh Tran)による「ルメール」のアイテムをアップデートしたアイテムだという。ホワイトとブラックの2色展開が予定されている。