リーボックとロシアの気鋭デザイナーゴーシャ・ラブチンスキーがコラボ、ドーバー銀座で発売

Reebok×GOSHA RUBCHINSKIY
Reebok×GOSHA RUBCHINSKIY

 「リーボック(Reebok)」とモスクワを拠点に活動する気鋭デザイナーのゴーシャ・ラブチンスキー(Gosha Rubchinskiy)とのコラボレーションスニーカーが、3月4日ドーバー ストリート マーケット ギンザ(Dover Street Market Ginza)6階及びオンラインショップで発売される。

 コラボスニーカーは1985年に発売されたReebok Classic Phase 1Proをベースモデルに、かかと部にはロシア語で「GOSHA RUBCHINSKIY」の刺繍が施された。ゴーシャ・ラブチンスキーが発表した2016年春夏コレクション「1984」のテーマと同様、80年代風のデザインに仕上がっており、ブラック、グレー、ホワイトの3色でEUサイズ39〜44を展開。3月1日にドーバー ストリート マーケット ロンドン店とニューヨーク店で先行発売した際にはオンラインショップで即完売となった。価格は税抜1万8,900円。