エディ・スリマンが「サンローラン」クリエイティブ・ディレクター退任

 「サンローラン(SAINT LAURENT)」のクリエイティブ・ディレクターを約4年間務めたエディ・スリマン(Hedi Slimane)が同職から退任することが発表された。後任については「然るべきタイミング」で発表されるという。

 退任の発表は「サンローラン」の親会社であるケリング(Kering)グループから1日、正式に発表。「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」社長兼CEOのフランチェスカ・ベレッティーニ(Francesca Bellettini)とケリンググループのCEOフランソワ・アンリ・ピノー(Francois-Henri Pinault)は共にエディ・スリマンの功績を称え、感謝の意を表明。同氏就任後、ブランドの売り上げは3年間で2倍に急伸し、ブランドの成長に貢献してきた。

 エディ・スリマンの去就は今年に入って噂が取り沙汰されており、一部メディアでは、後任候補としてヴェルサス ヴェルサーチ(VERSUS VERSACE)現クリエイティブ・ディレクターのアンソニー・バカレロ(Anthony Vaccarello)の名が挙がっている。