エフィレボル阿久津らが参加、canalizeのクロージングレーベルがスタート

AD

 繊維商社の瀧定大阪とクリエイティブチーム「セルフ(Self Creative team)」が、モノ・コトにまつわる物語を通して「つくるのありかた」を発信するプロジェクト「canalize」のクロージングレーベルを立ち上げた。デザイン/ディレクションチームには、国内・海外ブランドのコンサルタントなどを務めるクリエイティブプランナーの高橋れいみや「エフィレボル(.efiLevol)」のデザイナーを退任した阿久津誠治らが参加。生産背景やデザインプロセスにこだわった希少性の高い現代のワードローブを展開していくという。

 同レーベルでは「これからのくらしの中にある着衣」をテーマに、トレンドや文化を楽しみながら日々のくらしを創造する、知性と遊び心を持った男女に向けたアイテムを展開。"服をあくまで、日々の感情や生活の質を引きあげるための道具"と位置づけ、心の代謝の促進を目標に、オーガニック素材の取り入れや、地域でのものづくり、職人との協業などによって社会と共生するモードウェアをデザインしていくという。

 デザイン/ディレクションチームは、クリエイティブプランナーの高橋れいみやLiaog Hong、海外ブランドでデザイン経験を積んだ吉橋亮、阿久津誠治らで構成。創業1888年の帆布の老舗やニューヨークのブルックリンにもスタジオを構える徳島の藍師・染師「BUAISOU」など産元のつくりてとの協業アイテムも展開していく予定だ。

■問い合わせ先:CANALIZE