三越日本橋本店が隈研吾を起用し全館リモデル 18年春に向け120億円投資

リモデル後の本館1階イメージ
リモデル後の本館1階イメージ

 三越伊勢丹ホールディングスが5月23日、「三越日本橋本店」の全館リモデルに向けた計画内容を発表した。環境デザインのディレクターには建築家の隈研吾を起用。「カルチャーリゾート百貨店」の完成を目指し、2018年春の第一期再開発には120億円を投資する。

 「三越日本橋本店」は、1904年に三越呉服店として日本初のデパートメントストアを創設。三越伊勢丹グループの基幹店として110年の歴史を経た2014年に新たなストアコンセプト「カルチャーリゾート百貨店」を掲げており、2016年下期から順次リモデルを進める。2018年春の第一期は本館1〜3階と新館1〜2階を対象とし、全館のリモデルは2020年春の完了を目指して約200億円の投資額を見込む。初年度の売上目標は前年対比で1割増。

 再開発では生活にまつわる文化を軸にフロアやマーチャンダイジングを構成し、衣料品を縮小する代わりにアートをはじめとする「あそび文化」にまつわる商品やサービスを充実させる。第一期ではコンテンポラリーアートをはじめ館内のギャラリーを現在の5カ所から10カ所に増やすなど、ファッションを基軸とする通常の百貨店とは異なるコンセプトを明確に打ち出し、40代をメインターゲットに顧客分類や接客なども刷新する。

 隈研吾が手がける環境デザインのコンセプトは、人が集まる「樹」と人が流れる「道」。重要文化財の指定を受ける見通しとなった外観や中央ホールなどはそのままに、リモデルのフロアによってデザインテーマを変えて切子など日本ならではの意匠を取り入れる。買い回りし易いよう構成し、交流と遊び心を体現できる店作りを目指す。