ユニクロがルメールをアーティスティックディレクターに起用、パリ発新ライン「Uniqlo U」今秋デビュー

追加情報:

【続報】ルメール率いる新ライン「Uniqlo U」が初披露、キーヴィジュアルと動画を公開

クリストフ・ルメールとユニクロパリ R&Dセンターのチーム
クリストフ・ルメールとユニクロパリ R&Dセンターのチーム
画像: UNIQLO

 ユニクロパリR&Dセンターのアーティスティックディレクターに、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)が就任した。パリ発の新ラインとして「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」をスタートし、2016年秋冬から全世界のユニクロ店舗で販売する。

 クリストフ・ルメールはこれまで、「ラコステ」や「エルメス」といったブランドのアーティスティックディレクターを歴任してきた。昨年10月には、自身の名を冠したブランド「ルメール」とユニクロのコラボレーションによる「UNIQLO AND LEMAIRE」のファーストコレクションを販売。完売アイテムが続出するなど好評を博し、2016年3月にはラストコレクションとなる2016年春夏コレクションを発表した。

 クリストフ・ルメールは今回の就任に関して「UNIQLO AND LEMAIREコレクションの仕事を通じ、ユニクロの商品作りへのこだわり、品質の高さ、チームワークに感心し、いつも良い刺激をもらってきました。今回このチームの一員として世界中の人々の日常着というスケールの大きなユニクロのLifeWearのデザインに携わることに、デザイナーとして大きな挑戦と喜びを感じています」とコメントを発表している。

 ユニクロパリR&Dセンターは、東京やニューヨークなど全世界5都市にあるR&Dセンターの一つ。その地域のファッション動向やライフスタイル、新素材の情報などを調査し、商品開発やコンセプト、デザインなどの研究開発に取り組む。