「KENZO×H&M」ジャン・ポール=グード演出、音楽・ダンス・ファッションが融合したショーをNYで開催

ショーの様子
ショーの様子
画像: FASHIONSNAP

 「H&M」が10月18日、コラボレーションコレクション「KENZO×H&M」のグローバルローンチパーティーをNY・ブルックリン橋付近のPier36で開催した。会場には約1,000人が来場した。

 ショーの演出は今回、キャンペーンビジュアルを監修したジャン=ポール・グード(Jean-Paul Goude)が担当。会場は中央のステージを囲うように四方に座席が配置され、楽器の生演奏とともに幕が開き、マーチングバンドやコレクションを纏ったダンサー達がパフォーマンスを披露した。モデルによるウォーキングには独特な振り付けが取り入れられ、コレクションの世界観が反映されたドラマチックなショーが完成。フィナーレにはジャン・ポール=グードとともに「ケンゾー(KENZO)」クリエーティブディレクターのウンベルト・レオン(Humberto Leon)とキャロル・リム(Carol Lim)が登場し、パフォーマーやモデル達がゲストをステージに招き入れ、会場が一体化した。ショー後にはラッパーのアイス・キューブ(Ice Cube)がライブパフォーマンスを披露し、会場をさらに盛り上げた。

 イベントには女優のクロエ・セヴィニー(Chloe Sevigny)を始め、シエナ・ミラー(Sienna Miller)、ロザリオ・ドーソン(Rosario Dawson)、歌手のジョー・ジョナス(Joe Jonas)が姿を現し、コレクションの発売を祝した。コレクションは11月3日に世界同時発売され、国内ではすでに事前エントリー受付が終了しているが、公式オンラインで購入が可能。