グッチが六本木ヒルズにオープン、ミケーレが手掛ける初の国内旗艦店

グッチ六本木
グッチ六本木
画像: FASHIONSNAP

 「グッチ(Gucci)」が、12月2日にオープンする「グッチ六本木」の店内を公開した。アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)によるショップデザインコンセプトを採用した旗艦店は国内初。「六本木ヒルズ」の2階ウエストウォークに位置し、外壁を大理石が囲む路面店のような造りとなっている。

 「グッチ六本木」は、ミラノのモンテナポレオーネ通りの旗艦店を皮切りにグローバルで取り入れているショップコンセプトが反映され、面積は約228平方メートル。アレッサンドロ・ミケーレが手掛けるコレクションの特徴となっているエレガントでコンテンポラリーな折衷主義と共鳴し、伝統とモダン、インダストリアルとロマンティックの要素が取り入れられている。旅のテーマを象徴するトランクのデザイン要素や、カラーの大理石を組み合わせた象眼やセメント、オリエンタルなヴィンテージラグ、そしてペールピンクの壁面といった対照的な素材が融合。チェリーレッドのチェアやソファーなど、オリジナルの家具がアクセントとなっている。

 店内では一部を除き最新の2017年クルーズコレクションが並び、ウィメンズシューズやバッグ、ジュエリー、そしてメンズ向けにはレザーグッズを展開。「グッチ六本木」限定アイテムとして、スネーク素材のハンドバッグ(税別22万円)とポーチ(税別13万5,000円)が発売される。

■グッチ六本木
 所在地:東京都港区六本木6-10-3 六本木ヒルズ ウェストウォーク 2F
 営業時間:11:00~21:00
 オープン日:2016年12月2日(金)