大森南朋がデザイナーに、大人の男女に向けたブランド「サラバ」が本格デビュー

追加情報:

【2017/2/2追加】西武渋谷店でブランドの本格デビューを記念したポップアップストアの開催が決定。2017年春夏シーズンの新作全8アイテムと、ファーストコレクションから人気のストールやアクセサリーなどをラインナップする。詳細は以下。

会期:2017年2月7日(火)〜2月16日(木)
場所:西武渋谷店B館5階 NEXTスペース
アイテム:シルバーアクセサリー 1万1,550円〜2万6,550円
     ジャガード織ストール 2万7,550円 など

画像: SALABA

 大人の男女に向けたライフスタイルブランド「サラバ(SALABA)」が、2017年春夏シーズンに本格デビューする。「ビッグブラックマリア(BIGBLACKMARIA)」の青山正隆と俳優の大森南朋がデザインを手がけ、性別や体形、年齢の垣根を越えたワンサイズのコレクションを提案する。

 「サラバ」は「大人がはしゃぐ服」をコンセプトに掲げ、デザイナーの青山正隆や大森南朋のほか、ブランドのフォトグラフィーを岩佐篤樹、生産担当を茅野芳正が務めるなど、各分野で活躍するクリエーターが集結。ラフで動きやすいシルエットとトラディショナルで上品なデザインが特徴で、オーバーサイズのカットソーや、女性が着用するとワンピースになるプルオーバー、フリーサイズのパンツ、著名人の墓をジャカード織で再現したストールといったアパレルや雑貨を展開する。販売時期は未定で、「タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)」渋谷明治通り本店とオンライン限定で取り扱う予定。