ハイダー・アッカーマン手がける新生「ベルルッティ」がデビューコレクション発表

バックステージフォト
バックステージフォト
画像: Tommy Ton

 「ベルルッティ(Berluti)」が、ハイダー・アッカーマン(Haider Ackermann)をクリエーティブディレクターに迎えてから初めてとなるコレクションをパリで発表した。

 ハイダー・アッカーマンは昨年9月に同職に就任。メンズコレクション中に発表したデビューコレクションは、時代を超えた美学である「趣き」を追求し、デザイナーが頭に描いた「Trash(廃棄物)」「Dark(暗闇)」「Wood(木材)」などをキーワードに組み立てられた。ブルーやパウダーピンク、バーガンディーなど、画家フランシス・ベーコンの絵画からインスピレーションを得たカラーパレットで構成され、黒のレザーアビエイタージャケットやボンバージャケット、ロイヤルブルーのベルベットタキシードや太めのタートルネックのカシミアセーターなどキーアイテムを披露。ショーのバックステージフォトはトミー・トン(Tommy Ton)によって撮影された。