「見たことのないベーシックを」ビューティフルピープルがパリコレ公式参加へ

「ビューティフルピープル」前回の2017年春夏コレクション
「ビューティフルピープル」前回の2017年春夏コレクション
画像: FASHIONSNAP

 熊切秀典が手がける「ビューティフルピープル(beautiful people)」が、パリ高級服飾組合 (La Chambre Syndicale de la Couture Parisienne / 通称 サンディカ)の正式登録を受け、3月4日に2017-18年秋冬コレクションをパリで発表する。発表形式はプレゼンテーションを予定。デザイナーの熊切は「見たことのないベーシックを作りたい」と話している。

関連:次回からパリへ「ビューティフルピープル」東京最後のコレクション発表

 「ビューティフルピープル」は、以前から発表拠点を東京からパリに移すことを公表しており、2017年春夏コレクションでは東京でのラストショーとしてライブ演奏を交えたユニークな演出でショーを開催した。2017年プレフォールコレクションでは、「BAD SENSE」をコンセプトに、洋服と和服の相反するものの組み合わせをはじめ、サイズやカラー、コーディネートの固定概念を取り払ったコレクションを展開。カラーは照度を基準に、モノクロに変換すると同じものに見える色を採用し、ベージュやパープルのトレンチコートなどを製作した。また、着物のたたみ線からインスピレーションを受けて肩や袖にプレス線を入れたコートやブラウス、ワンピース、そして着物の帯から着想して帯と帯締めをしているようなサッシュベルト付きのワイドパンツなど、新しいディテールを提案。極太のチェーンをつけた極小のチェスターフィールドソファバッグや、冬のトレンチコートに夏のかごバッグを合わせたコーディネートなど、固定概念を取り払ったものづくりに取り組んだ。

 パリで発表する2017-18年秋冬コレクションにおいても、和のディテールや色の対比といったアプローチを継続。「より強いコレクションになる」(熊切)という。パリではプレスエージェントとしてPR CONSULTINGと契約し、プレゼンテーションの後に展示会を開く予定。東京では3月中旬に展示会が予定されている。