ファッション業界の職種別平均年収を発表、20代後半〜30代前半は店舗管理が1位

ファッション業界 職種別平均年収2016年版
ファッション業界 職種別平均年収2016年版
画像: インテリジェンス

 ファッション業界の人材紹介サービスを手がけるクリーデンスが、「ファッション業界 職種別平均年収2016年版」を発表した。

 同調査は、同社の人材紹介サービスに、2016年1月から12月までに登録した25〜39歳に該当する転職希望者の給与データから算出。25〜29歳までの年代では「店舗管理」(394万円)が1位で、次いで「OEM営業」(384万円)、「MD・バイヤー」(370万円)がランクインした。30〜34歳では、「店舗管理」(458万円)が1位、「プレス・販促」(430万)が2位、「VMD」(427万円)が3位と続き、「店舗管理」が20代後半と30代前半で1位にランクインする結果となった。働く環境の改善が求められる中、アパレル業界でも就労環境の見直しが進んでいる。その結果、店舗管理職の求人ニーズが増加し高年収につながっていると考えられる。

 30代後半で1位となった「OEM営業」は、多くのアパレル企業が生産業務の外部委託を積極的に進めていることから、求人は年々増加傾向にある。「OEM営業」には、仕様書や洋服の構造などに関する知識、海外工場との調整のための海外生産経験や語学力といった幅広い能力が必要となるため、アパレル業界で経験を積んだ30代後半での求人ニーズが高まり、年収の底上げにつながったと見られる。