世界最大級のファッション展「IFF MAGIC Japan」が初開催 30カ国700社が参加

アメリカで開催されたMAGICの様子
アメリカで開催されたMAGICの様子

 繊研新聞社が主催する日本最大級のファッションビジネス展示会「JFW-IFF」と、UBMが主催するラスベガスの世界最大のファッションイベント「MAGIC」が提携し、「IFF MAGIC Japan」を初開催する。会期は4月26日から28日までの3日間で、東京ビッグサイト西館を会場に日本を含む30カ国以上700社が出展を予定。展示ブースに加え、ライブデモンストレーションやカフェ・バー、DJ・ブロガーラウンジ、パーティー会場などを設け、業界関係者が1日滞在できるクリエーティブな空間に生まれ変わるという。

 第1回目の開催となる4月展「IFF MAGIC Japan 2017 spring」は、西ホール1階と4階の2フロアを使用し、IFF9月展の2倍以上の規模で開催される。会場内にはLuxury, Contemporary & Avant-gardeファッション特設ゾーン「EDIT」が設置され、「ソマルタ(SOMARTA)」や「ノーノーイエス(No,No,Yes!)」といった国内コレクションブランドのほか、海外からは北米やヨーロッパをメーンに「Robert Comstock」「GM STUDIO」など、日本初上陸ブランドを中心に60ブランド以上が出展を予定。新設されたブロガーラウンジでは、SNS等で発信力の高いブロガー達が企業やセミナー、イベント登壇者に取材し、会場内から発信する。

 また、イギリスのリバティ(LIBERTY)百貨店や、パリのセレクトショップ メルシー(MERCI)、アメリカのブルーミングデールズ(Bloomingdales)百貨店やアンソロポロジー(Anthropologie)、ドバイのロビンソン百貨店、中国のディエチ コルソ コモ(10 corso como)など、海外のトップリテーラー約50社が来場を予定。会期中はプランタンメンズバイヤーやオランダの日本ブランドを中心にセレクトしているHiddenオーナーによるセミナー「欧州バイヤーに聞く日本ブランドの可能性と今後」や、バロックジャパンリミテッドの村井博之代表取締役社長による「試行錯誤から学ぶ経営」といったセミナーも開催される。

■IFF MAGIC Japan 2017 spring
会期:2017年4月26日~28日
会場:東京ビッグサイト西館
入場料:1,000円 (事前登録もしくは招待状持参で無料)

公式サイト