「ルイ・ヴィトン×藤原ヒロシ」限定ストアの内部が公開

追加情報:

・21日以降は混雑状況により入場規制の場合も。詳細はこちら。(2017年4月21日)

ポップアップストア「LOUIS VUITTON in collaboration with FRAGMENT POP-UP STORE」
ポップアップストア「LOUIS VUITTON in collaboration with FRAGMENT POP-UP STORE」
画像: FASHIONSNAP

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と「フラグメントデザイン(fragment design)」を主宰する藤原ヒロシのコラボレーションによるポップアップストア「LOUIS VUITTON in collaboration with FRAGMENT POP-UP STORE」の内部が公開された。神宮前のThe Mass & Ba-tsu Art Galleryで、4月21日から5月5日まで開催される。

 今回発売される2017年秋冬メンズ・プレコレクションはレザーグッズをはじめ、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウオッチなどから構成。ポップアップストアでは5月5日の店舗発売に先駆け、ほぼフルラインの商品を展開する。入り口から左手建物の売り場の中央には、藤原ヒロシとグラフィックデザイナーのSKATE THINGによるグラフィックが施されたメトロの車両が配置され、商品が陳列。日本限定アイテムはモノグラムキャンバスに両ブランド名とロゴが施されたカバ・ライト(22万2,000円)とスニーカーブーツのクリームカラー(8万7,000円)の2アイテムで、レインボーカラーのペイズリー柄バンダナやシャツなどのポップアップストア限定商品も並ぶ。その他、バーシティジャケット(33万6,000円)やデコルテに「LOUIS VUITTON」の文字が入ったTシャツとロングTシャツ(各7万8,000円)などのプレタポルテ、iPhoneケース「EYE TRUNK」(iPhone7対応・13万、iPhone7 Plus対応・13万6,000円/いずれも税別)などを販売する。

 メインの売り場に隣接する別棟の「The Mass」ではタグにホットスタンピングのサービスが受けられるスペースや、藤原ヒロシと「ルイ・ヴィトン」メンズコレクションのアーティステックディレクター キム・ジョーンズ(Kim Jones)が私物からセレクトしたレコードがディスプレーされた「ミュージック・ルーム」が設置。トランクやターンテーブルケースなどのスペシャルオーダーピースの展示・販売も行う。階段を下りたフロアではライゾマティクスの真鍋大度による32のパネルスクリーンからなる体験型デジタルインスタレーション「morphing」が展開される。
 
 両者によるコラボレーションは昨年7月に続き今回が2回目。長年の友人であるキム・ジョーンズと藤原ヒロシの両者の念願が叶ったコラボとなり、第一弾は「LOUIS VUITTON」と「FRAGMENT」2つのロゴを並べるという「ルイ・ヴィトン」史上初となる取り組みで話題を集めた。コレクションを販売した伊勢丹新宿店には発売日に建物を一周囲むほどの長蛇の列ができ、初日でアイテムがほぼ完売するなど好評を博した。

 発売初日の4月20日は抽選入場制の販売方式を採用。午前8時30分から参加券を配布し、配布終了後の午前9時頃から抽選を行った後、11時から19時半の間の指定された時間帯に買い物ができる仕組みとなる。

関連記事>>ルイ・ヴィトン×藤原ヒロシ 新作発売、ポップアップストア2週間限定オープン

■ LOUIS VUITTON in collaboration with FRAGMENT POP-UP STORE
場所:The Mass & Ba-tsu Art Gallery
   東京都渋谷区神宮前5-11-5
日時:2017年4月21日(金)〜5月5日(金・祝)11:00〜20:00
問い合わせ:ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

抽選参加券の配布場所など詳細