「バレンシアガ」の"青いバッグ" イケアの反応が話題に

「ACNE」公式サイトより
「ACNE」公式サイトより

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」から、「イケア(IKEA)」の青いショッピングバッグに類似したバッグが登場し、ネット上で話題になっている。これを受けてイケアの広告代理店を務めるACNEが、「本物のIKEA FRAKTAバッグの見分け方」と題したビジュアルを制作。イケア側のリアクションについてネット上では「ユーモアがきいた返し」として反響を呼んでいる。

 バレンシアガのバッグ「CARRY SHOPPER L」は、2017年春夏メンズコレクションのランウェイに登場したアイテムで、価格は1,750ユーロ(約21万円)。色やシルエット、ハンドルの位置がイケアで購入できる青いバッグ「FRAKTA」(99円)に似ているとして話題を呼んでいる。

 海外メディアCreative Reviewの取材によると、ACNEはバレンシアガがバッグを発売した翌日にイケアにビジュアルの制作を提案。フォトグラファーが手掛けたビジュアルには、FRAKTAの写真に「値段:たった0.99$」「揺らしてみて:かさかさ音がしたら、それは本物」「汚してみて:本物のFRAKTAは庭のホースで簡単に汚れが落ちる」といったバレンシアガのバッグとの価格差を逆手にとった説明書きが添えられた。

 なお、バレンシアガのアーティスティックディレクターを務めるデムナ・ ヴァザリア(Demna Gvasalia)は、自身のブランド「ヴェトモン(VETEMENTS)」で昨年、DHLのロゴを配したTシャツを発表し話題を呼んだ。