芸能事務所「古舘プロジェクト」がファッション事業に参入、FAB施設オープン

(左から)荒木浩二、古舘伊知郎、篠原ともえ
(左から)荒木浩二、古舘伊知郎、篠原ともえ
画像: FASHIONSNAP/古舘プロジェクト

 古舘伊知郎らが所属する「古舘プロジェクト」が4月28日、ファッションFAB施設「アンドメイド(andMade)」を東京・北参道にオープンした。JUKIの工業用ミシンやフリーハンドで使用できるキルトミシンなどプロ仕様の機材をそろえ、服作りに特化した国内最大規模の会員制コワーキングスペースとして展開。「服は『買う』から『創る』へ」をコンセプトに、個人が服を買う以外に"自分で作って着る"ことを一つの選択肢として普及させたい考えだ。

 アンドメイドは、北参道駅から徒歩2分程度の立地にオープン。コンクリート打ちっ放しの内装で、2フロアで構成される。施設内では、ロックミシンやキルトミシンなどアパレルメーカーで使用されるものと同じミシンに加えて、オリジナルテキスタイルが印刷できるプリンター、アクリルなど布以外の素材加工も可能なレーザーカッター、UVプリンター、3Dプリンターなど最新デジタル機器が利用できる。利用料金は1時間600円〜、1日使い放題が3,500円、月額定額プランが9,800円、年間定額プランが9万8,000円で、一部の機器については別途利用料が必要となる。服飾の知識や服作りの経験レベルに応じて、誰でも自由に参加できる講座やワークショップなども開催する。

 「古舘プロジェクト」の事業開発部MMB事業本部エグゼクティブプロデューサーを務める荒木浩二は、ファッション事業への参入について「最初からファッションと決めていたわけではなく、"モノ作り"の分野でビジネスをやりたかった。衣食住のどれかにしたいと思い、食はクックパッドや料理教室が既に普及していて、住のカテゴリーはホームセンターがあるなどDIYとして既に確立している。衣だけが空いていた」と経緯を説明。アンドメイドで発掘したデザイナーをタレントとしてマネージメントすることも視野に入れ「テレビへの出演など、従来のファッション業界とは異なるアプローチで世に出せるのではないかと思っている。できるだけ早くアンドメイドからスターを輩出したい」とし、古舘プロジェクトが持つリレーションやプロデュース経験を生かした独自のアプローチで他のFAB施設との差別化を図る。今夏からは、アンドメイドを舞台にしたファッション恋愛リアリティショーをAbemaTVで放送する予定だ。「いずれは地上波でもファッションの番組をやりたい。テレビ的にファッションは数字が取れないという定説があるが、それも打ち破りたい。『服って作れるんだ』ということを改めて発信して、ミシンを踏むことがかっこいい、と思われるようになれば」と展望を語った。今後は、ファッションが栄えている国内主要都市にもアンドメイドをオープンする計画だ。

 28日に行われたオープニングイベントには、古舘プロジェクトに所属する古舘伊知郎と篠原ともえが出席。普段から自分で作った服を着てメディアにも出演している篠原は「こういう空間を待っていた。私自身もお気に入りの場所として使わせていただきます」とコメント。施設の実況中継を行った古舘は「服は好きでよく買っているが、自分だけの洋服の割合を増やしたい。そう感じる男性は年齢問わず多いと思う。僕自身、色合わせやサイズ感について悩みながら毎朝服を決めている。60歳過ぎてまだファッション迷子なんです。こういうところで教育してもらって、自分のファッションの芯ができればと思う」と話した。

■andMade.kitasando
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目34−3
電話番号:03-6434-5573
営業時間:10〜22時(不定休)
利用方法:時間利用、月額固定利用、年額固定利用/デジタル機器については別途利用料が必要
公式サイト