ヘインズの日本人向けTシャツから"黄金比率"の青パックが登場

Japan Fit BLUE PACK
Japan Fit BLUE PACK
画像: Hanes

 「ヘインズ(Hanes)」による日本人体型に合わせたパックTシャツのシリーズから、新たに「Japan Fit BLUE PACK」が誕生した。ヘインズがたどり着いた"黄金比率"だというコットン75%ポリエステル25%の混率の素材と、パッケージの青いロゴが特徴。発売は6月が予定されている。

 これまでのJapan Fitシリーズは、赤パックと呼ばれる3P-Tシャツを踏襲したコットン100%のみの展開だった。「Japan Fit BLUE PACK」はコットンにポリエステルを加えたことで、サラッとした肌触りと型崩れしにくい特徴を持つ。また従来よりも着丈を短くアームホールをしぼり、ネックを細めに設定して袖のパターンも変更。 脇に縫い目のない丸胴で、衿ネームはタグレス仕様にすることでストレスを感じさせず、製品洗い加工によって肌なじみやフィット感を備えている。 ネックはクルーとVの2タイプで、XSからXLの5サイズを展開する。価格は税別2,800円。