エイジレスなガーリースタイル提案、10周年の「ハニーミーハニー」が初の本格ショー開催

2017−18年秋冬コレクション
2017−18年秋冬コレクション
画像: FASHIONSNAP

 簑島三佳がプロデュースするブランド「ハニーミーハニー(HONEY MI HONEY)」が、初の本格ショーを原宿のSO-CAL LINK GALLERYで開催した。10周年を記念したショーでは、「THORNS(棘)」をテーマにした2017−18年秋冬コレクションを披露。スタイリングは入江陽子が担当した。

 過去にプライベートショーを開催したことがあるハニーミーハニーだが、外部からヘアメイクやスタイリストを招いての本格的なショーは今回が初めて。2017−18年秋冬コレクションでは、ブランドのイメージカラーのピンクをはじめ、サックスブルーやブラック、ベージュといったカラーパレットで構成。チュールやレースを用いたスカートやドレスの中に、イギリスMOON社のツイードを使った袖にボリュームを持たせたコートや、ユニセックスで着られるスウェットパーカなどを織り交ぜ、エイジレスなガーリースタイルを提案した。簑島三佳は「『ハニーミーハニー=ラブリーな人じゃないと着られない』というイメージが先行しているため、今回のショーでは様々な国籍のモデルを起用して着る人を選ばないスタイルだということを表現したかった」とコメント。今後はこれまでのブランドのイメージに留まらない、幅広い年齢層の女性に向けたウエアを追求していくという。