Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

スマホで温度調節できるインソール登場

スマホで温度調節できるインソール登場の画像

秋も深まり、気温が下がり始めるこの時季。街角にも防寒グッズが、ぼちぼち出回っているようだ。

デジタルを活用したアイテムも、もちろん多数あり。その中から、これからの季節にぴったりのプロダクトを、ご紹介したいと思う。

・スマホで温度調節できるインソール

「Digitsole」は、Bluetooth対応のスマートインソール。スマホを使って温度調節と健康管理ができる、お手軽防寒グッズである。

起動は、インソールのかかと部分から。電源スイッチとUSBポーターがついていて、使用の際オンする仕組みだ。

ソールを温めるときは、アプリの温度調節バーで調整する。アプリのバーで設定できるようになっており、最高40度まで上げられる。

digisole_2.jpg

・フィットネストラッカーとしても活用可

これだけなら既存製品にも似たようなものがあるが、この「Digitsole」は、さらに便利なことに、前述の通り、日常的な健康管理も可能。

ソールがアプリと連動し、歩く距離や歩数を追跡。

1日にどれだけのカロリーを消費したか計算する他、身長と体重を入力することで、最適な運動量も提示してくれる。靴底に入れておくだけで、フィットネストラッカーの役割を果たすのだ。

保温と健康維持を両立させた「Digitsole」。デバイスは、AndroidとiOS双方に対応。販売開始は、ちょうど今年の10月から。本格的な寒さが訪れる前に、ゲットしておくといいかも。

Digitsole