Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

ソーラーパネルが付いたキャップ「SOLSOL」登場

ソーラーパネルが付いたキャップ「SOLSOL」登場の画像

出先で携帯の電池が切れてショップや電源がある場所に駆け込む......といった経験は誰にも一度はあるのではないだろうか?

そんなことが頻繁にある人もこれがあれば大丈夫!?ソーラーパネルがキャップに付くことにより、太陽がある場所であればどこでも充電ができる「SOLSOL」がIndiegogoに登場し注目を集めている。

太陽がある場所なら、どこでも充電が可能

cap2016102-2.jpg

SOLSOLは「SOLar SOLution」の略で、最も身近な再生可能エネルギーの太陽光を使って頭の上で発電ができる。

このキャップにコードを装着することで、スマートフォンやタブレットのUSBで充電できるアイテムであれば何でも充電できる。キャップ自体には蓄電機能は備わっていないが、モバイルバッテリーなどを持ち歩けばそういった端末にも充電を行うことが可能だ。

充電時間は太陽の照り方によって違うものの、電源を使って2時間でフル充電ができるアイテムであれば、2~4時間で充電できるそうだ。

実用性だけではなく、地球温暖化防止のために

cap2016102-3.jpg

このアイテムは実用性を備えたアイテムであるのはもちろんのこと、使う人を増やすことによって二酸化炭素の排出量を少しでも減らしたいそうだ。

SOLSOL は1年の保証が付いており、アメリカ国内への69ドル(約8300円)、国外発送は89ドル(1万700円)で5月頃の発送を予定。自転車に乗ったり、アウトドアが好きな人、野外フェスが好きな人には特に便利なアイテムと言えそうだ。

The SOLSOL Revolution Is Here!