Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

進化する配車サービス「Karhoo」 ロンドンでは8万人がドライバー登録

スマホからタクシー配車ができるサービスは世界的に増えている。代表的な存在のUberは登場以来、あっという間に世界中でユーザーを増やしたが、その一方でタクシー業界や行政とのあつれきを抱えている。

そのタクシー業界でさらに注目を集めそうな配車アプリが新たにイギリスで始まった。ピックアップ場所までの到着にかかる時間や料金などでタクシーを選べる「Karhoo」だ。

Karhoo-300x225.jpg

・1年先の予約も

ユーザーの現在地に基づいて周辺の空車を検索するというのは他の配車アプリと同じ。それに加え、Karhooは検索結果をさらに価格や到着時間、車のタイプなどで絞り込んで選べる。

例えば、急いでいて一刻も早く乗車したい、多人数で乗りたい、少しリッチなハイヤーがいい、といった要望に合わせてユーザーが希望にマッチする車を選べる。

また、1年先まで日時を指定して配車予約できるのも他のアプリには見られないサービスだろう。

Karhoo2-300x225.jpg

・ロンドンでドライバー8万人登録

タクシー業界に新風を吹き込んだUberは、既存タクシー会社などの経営を圧迫するとして批判もあるが、一方でKarhooはサービスが始まったイギリスのタクシー業界にポジティブに受け入れられているようだ。

というのも、Karhooはオープンプラットフォームで、タクシー会社は自社のシステムをKarhooにつなげることが可能。現在、ロンドンのみの展開だが、いくつものタクシー会社と提携し、すでにタクシードライバー8万人が登録しているとのこと。

Karhooによると、今後は2017年までにニューヨークやシンガポールでの展開を計画している。果たして、日本にも上陸する日は近いのか。

Karhoo