ファッション業界に特化した仕事・転職サイト

内定承諾後の辞退はダメ?転職活動で気をつけるべき最低限のマナー

内定承諾後の辞退はダメ?転職活動で気をつけるべき最低限のマナーの画像

転職活動から内定までには書類選考、一次面接、二次面接など多くの段階を踏みます。そんななか、内定までは気を張って行動しているのに内定後うっかり気を抜いてしまう求職者の方は少なくありません。今回は、内定から入社までのステップと、内定までに気をつけることについてご紹介します。

最終面接から内定までの期間は?

一般的な転職活動の採用に関わる面接結果の多くは最終面接から3日~1週間程度で来ると言われています。この日数は特別な基準が設けられているわけではないため、面接結果の連絡までに要する時間は企業によって様々です。(※外資系ラグジュアリーブランド等においては本国承認のため数週間〜数ヶ月かかることもあります)

面接を受けた企業から、結果連絡日の指定が特にない場合は面接の翌日から3日以内には連絡がくるのが一般的とされています(企業による)。そのため、なるべくこの期間はいつでも電話に出られるようにしておきましょう。内定後にうっかり油断して、企業からの連絡を何度も取り逃してしまえば、それだけで悪い印象を与えてしまいます。こうした内定後のミスにより内定取り消しという例も無いわけではありません。万が一、何か重要な用事があって連絡がつきにくい場合は、必ず事前に伝えておくことがマナーです。
50

内定したら転職活動は続けてはいけない?

内定が無事決まり喜んだのもつかの間。時間が経つにつれ、入社に対する不安が出てくることもあるでしょう。「もしかすると他にももっと良い企業があるのでは?」「このまま入社しても良いのか?」という不安のない転職活動ができれば一番良いですが、人間は常々考え続けてしまう生き物。もし内定後に不安や心残りが少しでもあるのなら、まずはその理由を深堀して解決できる策を考えてみましょう。直接企業の担当者に相談してみるのも良いですし、転職コンサルタント、家族や友人など、身近な人の意見も聞いてみるのも良いでしょう。

内定者の他者流出を防ぐために内定を出す際に「他はもう受けないでください」と囲い込むケースはごく稀にあるようですが、たとえ採用を決めた企業側であっても求職者の転職活動に対する制限は事実上できません。

内定承諾後に辞退したらダメ?損害賠償の線引きとは

内定辞退は良い印象を与えないので出来れば避けたいですが、予期せぬ事態が起こってしまって泣く泣く内定辞退することになってしまうこともあるかもしれません。では内定がでてからの辞退は法的には問題ないのでしょうか?

実は、内定承諾書には法的な縛りはありません。そのため、承諾書に捺印し終えた後であっても就業前であれば労働者には選択の自由があるので入社を辞退することが可能とされています。理由によっては仕方のないことですが、内定辞退は双方にとってあまり気持ちの良いものではありません。もし内定辞退をするのであれば、下記のようなマナーを守ってできる限りの誠意を尽くしましょう。

内定辞退の連絡はメールなどではなく電話でするのがベスト!

できるだけ先方の迷惑を軽減するため辞退の意向は早急に連絡しましょう。メールより電話がベターな理由は下記の通りです。

電話が一番確かに伝わる(メール・手紙は相手が読んだかどうか確認ができないため問題が発生しやすい)
直接話す事で誠意が伝わりやすい(メールや手紙は一方的になりそっけなく感じられる)
相手の怒りをその場で処理できる(企業側の言い分も聞け、その場で謝罪が可能)

しかし、以下のようなケースはあなたがリスクを背負う可能性がありますので、十分にご注意を!

就業開始まで2週間を切っている場合
新入社員研修を終えている
企業がユニフォームなどの備品を既に購入している場合

上記のように会社側が既にあなたに多額を投資していた場合や、いかにも悪質であると判断された場合は、企業から損害賠償を請求されてしまう可能性もあるので気を付けましょう。裁判まで至るケースはほぼ無いことですが、軽はずみな行為が命取りになることもあるので要注意です。

以上のように、内定後だったとしても内定辞退は可能ではあるものの社会人としての常識判断は必要不可欠。きちんと企業側へ敬意を持ち最低限のマナーのもと行動しましょう!